コレは売れる?判断できない!

ブランド品の金額げ判断できない

ブランド品を所有している場合、それを普段から使っていないのなら、売却をした方がいいでしょう。中には捨てる人もいますが、ブランド品が二束三文でしか売れないとすれば別ですが、そうでなければ売却をした方がお得です。捨てると一円にもなりませんが、多少面倒でもそれをお店に持っていったりすればお金になるのです。 ただし、問題はそれがどれくらいの価値があるかわからないのです。ノーブランド品であれば1キロいくらというかたちで割と素人でも判断できるのですが、ブランド品となると高い買い取り価格になるのか、それともほとんど価値がないのかわかりにくいのです。では、どうしたら判断することができるでしょうか。一番間違いないのは査定をしてもらうことです。

価値を判断する方法とは

ブランド品の価値を判断するには、査定以外でどのような方法があるでしょうか。 まず、いくら元値が高いブランド品でも、洋服の場合には、発売から1年以内に売却をしないとほとんど価値がなくなります。洋服は季節物が多くなりますので、発売から4ヶ月くらいは需要がありますが、それ以上経過すると季節が変わるため、価値が下がります。一年経過する頃には、完全にカタログ落ちの製品になりますので、元値の10分の1以下になる可能性があるのです。 では、貴金属はどうでしょうか。貴金属は洋服のような季節物の商品はありません。そのため、4ヶ月程度では大きく価値を落とすことは少ないでしょう。ただし、1年以上経過して、デザインが古くなると、買い取り価格は下がります。